同一労働同一賃金、働き方改革、長澤運輸事件、ハマキョウレックス事件判決等との関係

 

 先般、働き方改革法が成立し、平成31年4月1日から、順次施行されています。

 また、労働・雇用関係に影響を与える裁判例が、日々、蓄積されています。
  例えば、働き方改革法により、労働契約法、パートタイム労働法9条が改正され、契約社員等と正社員の待遇の相違に関する判断基準が変わりました。
 この点について、文献やインターネット等において、様々な見解が示されています。しかしながら、働き方改革、同一労働同一賃金、法令改正、そして長澤運輸事件とハマキョウレックス事件等との関係について、明確に検討されたものは見当たりません。
 そこで、以下の記事において、労働・雇用関係に、具体的な影響を与える労働関連法改正や裁判例について、明確にご説明させていただき、今からできるリスクを予防するための方法について、解説させていただきます。